能登英輔の「のとのーと」

札幌で役者として活動する能登英輔のブログ

 

 

明けました。

明けましておめでとうございます!

今年もこちらはいつも通りゆっくりとした更新になると思いますのでぼちぼちよろしくお願いいたします。

 

さてさて。

先ほど「新年明けましておめでとうございます。」って書こうと思ったんですけど、その時にふと思ったんです。

明けましてっていうのはそもそもどういうこと?って。

で、調べてみたところ。

「ある期間が過ぎて次の状態となる」(岩波国語辞典8版)

つまり「梅雨明け」と同じ使い方とのこと。

というわけで、「新年明けましておめでとう」というのは間違った使い方だそうです。

旧年が明けて新年が来る、と。

梅雨で考えたら、ああそっかって感じでしたけど。

そんなこと当たり前だろと言われる方もいらっしゃるかと思いますが、42歳になってもよくわかっておりませんでした。

 

まだまだよく分かっていない日本語が多くて参っちゃいます。

正しい使い方をしていきたいなぁと思うんですよ。

 

今年の抱負として「万里一空」を掲げました。

 

万里一空

意味は目的、目標、やるべきことを見失わずに励む、頑張り続けること。

 

ということらしいのですが、僕は最近知りました(笑)

でもいい言葉だと思い、座右の銘にしていきたいと思います。

 

四字熟語とか、ある程度わかっているつもりになってましたけど、いざ調べてみるとわからないことだらけです。

お相撲さんが昇進の挨拶の時なんかに難しい四字熟語使って話題になったりしますけど、ほとんど意味わかりませんもの(笑)

この歳になっても知らないことばかりで恥ずかしいですが、勉強して身につけていきたいと思います。

 

知らない知識なんかは勉強して知っていけばいいと思うんですけど、最初に書いた「明けまして」みたいな間違った使い方とかはなかなか修正しづらいですよね。

あとは書き順とか。

書き順は小さいころ割と気を遣っていたのでわかったような気になってましたけど、これも間違えて覚えていたのか、当時はそう教わったのかわかりませんが間違えていることがありまして。

近年びっくりしたのは「右」と「左」の書き順。

第一画目、「右」は「ノ」、「左」は「一」なんですよね。

右も左も「一」から書いていた僕はそれはもう驚きました。

書き順なんて書き終わったら関係ないだろって思う方もいるかもしれませんけど、でも正しい書き順がどうなのかは知っておきたいのです。

知っていて違う道を通るのか、知らずに通るのかでは違う気がするんですよね。

あくまで僕の話ですけれども。

知りたいという欲がある限り、これからも勉強していきたいと思っております。

 

今年もたくさん学んでたくさん成長していきたいと思います!

感謝。

メリークリスマス!

 

子供の頃、あれだけ楽しみにしていたクリスマス。

サンタさんは来てくれるだろうか、欲しかったあのオモチャを持ってきてくれるだろうか。

楽しみで楽しみでワクワクしすぎて夜寝られなくなり姉にとても怒られたことを、息子の寝る前のハイテンションな姿を見て思い出しました(笑)

テンション高まりすぎて変な踊りして滑ってタンスに頭強打してましたからね(笑)

 

今朝、枕元に届いていたプレゼントを見つけてそれはもう大喜びでした。

ああいう姿は見ているこちらも嬉しくなりますね。

今年は分解できるトレーラーみたいなプレゼントだったんですが、朝から夢中で遊んでいるらしいです。

 

さて、クリスマスが終わってしまうともう大晦日目前ですね。

今年も例年通りあっという間ではありましたが、そんな中でも色々なことがありました。

コロナによってとても悔しかったり悲しい思いもしましたが、それでも大阪で公演させていただけましたし、ツイキャスの方では爪切りキャスなんていう放送も週一でやり始めましたし、色々な方のご協力のおかげでsuzuriを使ってグッズ?みたいなものも作れました。

youtubeのと☆えれきチャンネルの方ではチャンネル登録者数500人を突破しましたし、動画の編集なんかもやるようになりました。

 

こうして見ると去年まで思ってもみなかったようなことだらけです!

大変なこともありますけど、それ以上に僕自身が楽しませてもらってたり勉強させてもらえたりと充実した日々を送らせてもらえてると思っております。

感謝が尽きません。

 

こちらのほとんど死にかけだったブログ「のとのーと」ですが(笑)、最近ちょこちょこ書いたりしていたせいか以前に比べるととても閲覧していただいている人数が増えました。

読んでくださっている方、ありがとうございます!

文章がうまくなりたいと思ってなるべく1000字くらいを目安に書いてはいるのですが、どうしても暗めになってしまったり真面目になってしまったりすることが多いのです。

そこはもう仕方ないのかもしれません。

 

ブログはコメントとかもらえれば別ですけど、結構一方通行なので割と孤独です(笑)

Twitterとかに比べて反応がわかりづらいんですよね。

アップする日とか時間とか決まってるわけでもないですし、急にずっと更新しなかったりするし(笑)

なので、見てくれる人がいなくてもいいやと思ってやっていたんですけど、やっぱり見てもらえると嬉しくなりますよね(笑)

これからも不定期の更新にはなると思いますけど、気が向いた時にちらっと見に来てもらえたら嬉しい限りです!!

 

今年はまだあと一週間近くありますけど、何となく今年最後の更新のような気がします(笑)

もう今年の振り返りやってしまっては書くことなさそうなんですもの!

何かあれば書きますけど、とりあえず!

 

よいお年を!!!

難。

人ってのは割と自分の型にはめたがる。

自分の思っている枠からずれると「それは違う」と。

だからこうしなさい、こうした方がいいと勝手な型にはめたがる。

みんながみんなそうではありませんけどね。

 

自分自身、そうなってるよなぁって思うことも結構ありまして。

5歳になったばかりの息子と遊んだりしてるとよく反省します。

例えば塗り絵とかやってても、好きなところに好きな色をぶわーっとやるものだから「こうやって塗ると綺麗に塗れるんだよー」って言うんですけど、「ここにこの色を塗りたいの」と言われてハッとするんです。

そうなんですよね。

別に綺麗に塗りたいわけじゃなくて、そこにその色を塗ってみたいっていうだけだったり、ただ汚してみたいとかそういうことだったりするんですよね。

綺麗に塗りたくて、でもできないっていう時にやり方をアドバイスするべきであって、やりたいことを最初から否定してしまっては良くないなと反省します。

 

人は好きに生きるべき、と常日頃思ってまして。

人それぞれでいいじゃない。

もちろん人に迷惑をかけない、ということが前提ですけどね!

誰に迷惑をかけるわけでもないのであれば好きにしたらいいと思うのですよ。

「誰にも迷惑をかけない」っていうのがこれまた大変なことではあるんですけど・・・

息子に対しても非常にその辺りが難しくて。

 

「ルール」の定め方が難しいんですよね。

何故そうなるのか、どうしてそのルールから外れるとダメなのか。

こっちがしっかりとした答えを持たずに安易に言ってしまって、「何で?」って言われたときに焦るんですよ。

「あれ、何でなんだろう?」って(笑)

小さい時に母親とかに「いいから言うこと聞きなさい!」みたいに言われるのって多分そういうことなんだろうなぁと。

だからなるべく簡単な答えでいいから自分の中で成立しているものは持っていなきゃいけないなと思うのです。

ホント簡単でいいと思うんですけど。

「目が悪くなるから」「バイ菌がつくから」とかそういう簡単でも、何かしらのしっかりした答えがあれば本人も割と納得するんです。

 

親は子供と一緒に成長するってよく聞いてましたけど、本当にそうだと思いますね。

今日書いてきたこともそうですし、割と深いことを急に聞かれたりしますしね。

最近は特に「何で?何で?」っていう時期のようですし。

先日は「この世界は何でできてるの?」と聞かれてしばらく黙りました(笑)

 

教えてください、この世界は何でできてるんですか!

走馬灯。

今この瞬間が走馬灯の一部なんじゃないか、とかって思ったことありませんか。

僕はあります。最近よく思います。

というのも、時間が過ぎるのが早すぎて!(笑)

 

ちょっと前まで近くの公園とかで鬼ごっこしたり野球やったりサッカーやったりしてませんでした!?

いや、そこまでは言い過ぎとしても気付けば40歳過ぎてたって感じがして。

っていうか息子が産まれたの、ついこないだのように思うのにもう5歳!?とか。

子供の成長を見てると本当に月日が過ぎる早さを思い知ります。

息子はつい何日か前に5歳になり、本人もちょっとお兄さんになった気になっていて面白いです。

僕が先日まで本番があってあんまり遊んであげられていなかったので、ここのところは何かにつけてパパと遊ぼうとします(笑)

今朝も「今日は何もない日?」と聞いてきて「会社があるよ。」というとションボリしていたので「でも10分遊べるよ!」と言ったらものすごいテンション高くなりました(笑)

かわいいことこの上ない。

親バカで申し訳ない!

 

彼を見ているとボヤボヤしてられないと思いますし、どうにか気苦労なく育ってもらいたいと思うので頑張って働かねばという気になります。

産まれてしばらくは「父性」というものがよくわからず、自分大丈夫なんだろうかとよく思いました。

かわいいのはもちろんかわいいんですが、「父親」という自覚が全然なく・・・

まあそれを言うと今もそこまで変わりないと思うんですけどね。

ほぼ遊び仲間として見られてそうですし(笑)

 

ああ、話がズレた。

時間の話。

あまり新しいことに触れていなかったりチャレンジしていかないと、日々が早く過ぎるように感じると聞いたことがあります。

脳が刺激を感じないため、らしいですけど。

でも僕はそこには当てはまらない気がするんですけどね。

新しい体験ばかりの息子にはもちろん一緒に刺激受けてますし、最近では動画の編集もありますし、何より役者っていうのは「チャレンジ」することが多いですからね。

 

だとするとやっぱりこの時間の進みの早さは走馬灯の一部なのかもしれない!(笑)

本当は死ぬ間際で周りを家族に囲まれているところなのかもしれない。

そんで、このまま走馬灯が過ぎていって死ぬ間際まで行った時、また走馬灯を見るところになって昔に戻る・・・というループの中なのかもしれない!

とかしょうもないこと考えませんか。

自分はもしかしたらものすごく小さな小さな存在で、巨大な生き物の中にいる微生物的な存在なのかもしれないとか考えませんか。

 

小さい時から時々考えることではあるんですけど、最終的に仮にそうだとしてもだからどうということはない、という結論に至って寝ます。

それじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何だ今日の締め方(笑)

好き。

バランス。

前回書いた記事を読み直して、何だか偉そうでイラっとしました。

すいません(笑)

 

いやー、いくつになっても難しいと感じます。

バランスの取り方。

舞台観に行って、自信なさそうに演技されても腹立つけど、自信満々でも腹立ったりすることありませんか(笑)

僕だけかもしれないですけど。

やってる側だからなのかな。

そんなの気にならないくらいうまければ問題ないんですけどね、そこまででもないのに自信満々でやられても・・・って思っちゃったりすることあるんですよね。

いいところ、この「いいところ」を探るのが非常に難しい。

大体、その「うまければ問題ない」の「上手さ」はどう決まるのかっていうとこもありますし。

 

こういうこと書き始めると大体いつも人それぞれですからねっていうところに行きついてしまうんですけど。

走るタイムを競うんであればこっちの方が何秒早かったとか、何秒縮まったっていう話で済むんでしょうけど。

芝居の話だとそうもいかないですからね・・・

若いころからずーっとこんなねじ曲がった性格だったものだからタチが悪いのですよ。

ワークショップなんかもちょっと受けたことがありますけど、偉そうに言われたりすると「あなたのやり方はそうなだけだよね。」としか思わなかったし。

いや、参考にはなるんですよもちろん!

新しい発見に繋がったり、新しい道へのとっかかりにはなったりすることはあるんですけど、「ここはこういう場面だからこうしなければいけない」みたいな言われ方をすると途端に嫌になるのです(笑)

何で答えが一つみたいな言われ方されなきゃいけないんだ、という。

 

だから特に僕みたいに何も成していない奴が偉そうに語り始めると、イラっとしますね。僕自身が(笑)

昔所属していた劇団の団長が「偉くならなければ価値がない」というようなことをよく言っていたのです。

語弊があるかもしれませんが簡単に言うと、無名の者の言葉には力がないけど成功者の言葉には力がある、というようなことで。

 

どんどん歳は取っていきますが、まだまだ夢を見続けたい僕としてはしっかり自分というものを見定めつつ前を向いていかねばならないなぁとつくづく思うのです。

視野が狭くならないように、頭が固くならないようにというのは常に思ってますし気を付けてはいるんですけど、自分では気付かなかったりしますからね・・・

このブログ、結構同じようなことたくさん書いてると思いますけど、自分自身への確認のためだったりもします。

客観的に見れなくなってしまうと変な方向に行ってしまうことがあると思うので。

 

わかっていてそうしているのか、わからずにそうなっているのか。

自分自身への理解と納得はしていかねばならないことだと思っています。

とか何とかまた長々と真面目っぽい話書いちゃったので、もうやめます。

わーい!