能登英輔の「のとのーと」

札幌で役者として活動する能登英輔のブログ

 

 

ご挨拶。

色々なご挨拶。

年末ですしね。

・・・年末!?

相変わらず時の流れについていけてない僕です。

さて。

先日、ぷらすのとえれき「沼部、陸へ上がる」の東京公演を無事終えました。

札幌、大阪、東京と三都市で公演をすることができてとても嬉しかったです。

御来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

今回の公演を終えて、もっともっと頑張らなきゃいけないと強く思いました。

一生懸命応援してくださる方に対して、今のままでは申し訳なさすぎる。

エレキとも話してましたが、今のままではダメですねぇ。

お客さんを呼べないっていうのは正直言って致命的ですからね。

事実として満員にできませんでしたから。

単純に需要がなくなってきているのだと思います。

悔しいですけど、これは事実なので。

観たいと思わせる何かを持たなければただただこのまま老いていくのだと思います。

 

ん-、もしかしたら俺のせいなのかもしれないなーとか思ったりもします。

卑下しているわけではなく、単純にね。

もっと力をつけてなくちゃいけませんね。

自分のことなので、甘い部分とか色々わかってはいるんですけど。

 

もちろんまた「のと☆えれき二人芝居」も「ぷらすのとえれき」もやっていきたい気持ちはありますけど、今のところ今後のことは特に何も決まってはいない状態です。

 

遠方から来てくださったり、温かいお言葉をたくさんいただいたり、応援してくださる皆様には感謝しかありません。

その分、申し訳ない気持ちになることも結構あって。

何をもってお返しという形になるのかわかりませんけど、今のままじゃ申し訳ないと思うのです。

応援してて良かったと思ってもらえるようにまだまだ頑張りたいと思います。

 

来年の舞台の予定としては、まだしっかり決定しているわけではありませんけど、何かしらの形でyhs。おそらく関わらせていただけると思っている夏の演劇シーズン。

ふわっと決まっているのはこれくらいな感じですけど、どちらも大変でやりがいはあるのでまずはこちらに向かって全力で。

 

舞台以外ですと、やっぱり子供たちのことが中心になっていきそうな生活です。

できることなら美乃の舞台復帰も、と思うんですが僕がいっぱい負担かけてるもんでね・・・でもいずれ必ず!

来年は45になる年。

一向に成長できないまま完全なおじさんになっていってますけど、家族に対しても応援してくださる皆さんに対しても胸を張れる一年にしていきたいと思っております。

 

あれ?何か今年の締めにしようとし始めた?

まあいいか。

ブログももう少し書いていきたい気持ちもあるんですけど書くことないもんで(笑)

時々書くと話がバラバラで。今回も割とそうですけど。

どんな形にせよ、少しでも楽しんでもらえるものを増やせたらいいなー。

また色々考えてみよーっと。

 

変な終わり方になった。

でもこのまま年越す可能性があるから一応言っておこう。

 

良いお年を!!

まだクリスマス前なのに(笑)

沼。

どうもどうも。お久しぶりです。

芝居の本番があると、仕事に私生活に稽古にと色々と忙しくなってしまうものでして。

ええ、ええ。とりあえず言い訳からしておきました。

ブログ更新する時間くらいあるんですよ。本当は。

書くことがないだけで!

はい。言い訳の直後に本音を披露するという力業を見せつけてやりました。

どうですか。

そうですか。ありがとうございます!

 

さてさて、芝居のお話ですがね。

ぷらすのとえれき「沼部、陸へ上がる」の公演。

ブログを更新していない中、札幌公演、大阪公演を終えておりました!

ヒーハー!

来週はいよいよ東京公演でございます。

本当でしたらぷらすのとえれきで二年前?ん?三年前?に行けるはずだったんですけど、コロナ先輩がはしゃぐもので行けなくなりました。

今年こそは静かにしていてもらいたいものです。

と言っても、中止になった時の方がはるかに静かにしていてくれたんですけどね。

人間、慣れるものですね。

いや、本当に早く普通の風邪と同じようなレベルになっていただきたいです。

未だにコロナで公演延期や中止になるお話たくさん聞きますしね。

またどういうわけか、本番の直前とか本番当日に発症したりするんですよね。

何なんでしょうね。

まあ、稽古とか本番前のプレッシャーとか、本番近くなるにつれて確実に体疲れてきますからね。

おそらくそういう関係なんだろうと思います。

僕らも来週本番ですので本当に気を付けていかなければと思います。

 

芝居の中身につきましてはまだ本番がありますので控えておこうと思いますが、来週の公演が終わると野村君ともうやれなくなるっていうのが非常に寂しいです。

オパンポン創造社、野村有志。

本当にすごい人です。

脚本、演出、役者、最近では映画監督。あと、いぬん。

一緒にやれて良かった。出会えて良かった。

いや、まだ終わってないし、この先ももしかしたら一緒にやれる機会はあるのかもしれませんけどね!

一緒にやらせていただけるように精進していかねば。

野村君は、何ていうんだろうか。センスの塊みたいな人です。

エレキと僕みたいなのに挟まれて色々なストレスやフラストレーションがあったと思います(笑)

でも前作の時からそうでしたが、こちらに合わせてくれてめちゃくちゃやりやすかったです。

間近で見ることができてとてもありがたかった!

たくさん勉強させていただきました!

・・・いや、だからまだ終わってないんですけど(笑)

 

エレキも今回は色々チャレンジしてて、やっぱすごいなって思います。

別に言うようでもことでもないですから普段あんまり言いませんけど、すごい役者だなーって思いますよ。

よくぼんやりするしズボラですけど、舞台上ではすごいなーって思います(笑)

 

今回の作品はめちゃくちゃ難しかった。

役者三人と、演出補で入ってくれた遠藤雷太さんとみんなでうんうん唸りながら創りました。

それぞれに考えがあって、それを舞台上でぶつけあって、ぎゅーっとしてできあがりました。

何を言ってるのかわからないと思いますけど、それだけ難しかったんです(笑)

もう東京での公演しかありませんが、どうか観ていただきたいです。

観る方によって全然違う見え方になる舞台だと思います。

どの舞台でもそうかもしれませんが、今回は特に。

 

ぼんやりした宣伝になってしまいましたが(笑)

沼でお待ちしております。

www.sapporo-engeki.com

終演。

ダブリンの鐘つきカビ人間

 

全ての日程を無事に終えることができました。

正直な話、稽古が始まる前はちょっと厳しいのではないかと思っておりました。

稽古が始まった8月の少し前からまたコロナ感染者が増え始めており、色々なイベントが自粛になったりメンバーに陽性の方が出たりで中止になったり。

主催のクラアク芸術堂さんは気が気ではなかったと思います。

改めて、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!!

 

終演後三日が経ちましたが、終わったなぁ、終わっちゃったんだなぁ。という感じです。

非常に楽しかった。

稽古中も本番中もめちゃくちゃ楽しかったし勉強になりました。

大王こと後藤ひろひとは「僕のコメディはお客さんの笑い声が入って初めて完成する」とおっしゃっていた通り、お客さんにもたくさん盛り上げていただきました。

コロナの関係で客席を間引いたり、コロナ禍で客足が遠くなったこともあり、100人を越えるお客さんを前にするのは久しぶりでした。

ちょっと緊張しましたし、あれだけの拍手をいただいてとても感動しました。

 

役のお話ですが。

今回は「市長」をやらせていただきました。

楽しかったんですけど、やっぱり難しかったですね。

昔からそうですが自分の声の軽さというものにずっと悩んで・・・いやもう悩んではいないんですけど威厳というか強い声を出さねばいけない時に苦労するんですよねー。

ずっと課題。

 

作品の中で過去と現在のシーンがあるんですが、そこで全く違う雰囲気を出したかったのですが見た目がちょいと強烈な分、できていたのかどうか・・・と(笑)

見た目の話ですが・・・カツラとヒゲ。

これは何と言いましょうか。武器にもなるし弱点にもなるものですね。

まあ、でも大王から市長のヘアメイクに関しては「うさん臭さ」を出してほしいというオーダーだったそうなので、そこはクリアできていたのではないかと思います(笑)

ただ、ブロマイドを販売していたのですが、僕だけビジュアルが違っていいのだろうかと思いましたけど、特に誰からも何も言われませんのでいいのでしょう(笑)

メイク・ヘアメイクはyhsのもがとモリが担当してくれていて大変そうでした・・・

なるべく迷惑をかけないように普段メイクが苦手な男性陣も自分たちでどうにかこうにかやっておりました。

過去のダブリンを見た時に、魅力的なキャラクターがたくさん出てくる中で、市長と神父がとても好きだったのです。

その市長を演じられたことはとても嬉しかったですね。

わかりやすーい悪役ではありましたが、ちゃんと受け入れてもらえたかな。

神父とのシーンは、神父役のキタラタカシ君と初めての共演だったにも関わらずめちゃくちゃやりやすかったです。

呼吸が合うと言いますか。

黄金バッテリー感が出てれば嬉しいです(笑)

 

細かいとこ話し出すと収拾がつかなくなりそうなのでこの辺で。

とにかく今は無事終えられたことに感謝!

ご来場いただいた皆様、応援してくださって皆様に感謝!!

大王、クラアク芸術堂、そして公演の機会を作ってくれた田中温子ちゃんに感謝!!!

楽しかった!!!!!

 

いつかまたやれる機会を信じて、終演のご報告とさせていただきます!

皆様、本当にありがとうございました!!!!!!!!!!

ダブリンの鐘つきカビ人間。

さあ!いよいよ今週!

というか明後日!!初日を迎えます!!!

 

まだまだ気を抜かずにコロナ対策していきますが、今のところ全員体調万全です!!

でもね、他劇団のお話とか聞いてもこういうのって何故か本番の日に当たったりするものだからね。

怖いことこの上ない。

とにかく、やれることを全力で!

 

大変評価の高い作品ですので、逆にちょっとしたプレッシャーみたいのはありますけど、でも本当に面白いです。

古見ながら、どのシーンも面白いなーってお客さん目線でおります(笑)

のと☆えれきを応援してくださる皆さんにもいつもと違ったエレキと能登をお届けできるんじゃないかと思っておりますが、こればかりは終わってみないと感想聞けませんからね。

ちょっとドキドキします(笑)

 

二年前にいったん中止になった時はとてもショックでしたけど、こうしてまたやれることに感謝しております。

前回の記事でも書きましたが、発足人の田中温子ちゃんが今回出られないことは本当に残念で仕方ないですが、また上演してほしいっていう声がたくさんあがる舞台にしたいと思います!!!

 

約一か月稽古してきましたが、大王こと後藤ひろひとさんが本当にみんなをうまく導いてきてくださったと思います。

細やかな気配り、飽くなき探求心、立派なヒゲ。

ああいう大人になりたいものです。

 

色々語りたいこともありますけどね、のとえれきのツイキャスやら僕個人のツイキャスとかでお話できたらなと思います。

ネタバレとかに関しては、もう有名な作品ですのでそんなに気にしなくても構わないと思うんですけどね。

 

というわけで、いよいよ始まります。

本当にたくさんの方に楽しんでいただきたい作品です。

出演する僕たちも楽しんでやっていきたいと思います!!

 

やるぞー!!

いろいろと。

8月があと一週間で終わります。

7月まるまるブログをサボっている間にのとえれき二人芝居「葉桜とセレナーデ」はすでに終演している始末!(笑)

いやー、めでたいめでたい。

今はすでに「ダブリンの鐘つきカビ人間」の稽古真っ最中でございます。

二人芝居も色々あったんですよ?割と難しいお芝居でしたし、試行錯誤しつつも進めていったんですけどどういうわけかそういうのをブログに載せようとしないのですよ。このおじさん。

何なんでしょうね全く。腹立たしい!

ちゃんと更新してください。

 

いや、ホントねー。ありがたいことにこんなブログを読んで面白がった下さる方がいらっしゃいますからね。

更新できる時はね。しますよ。ええ、しますします。しますとも。

 

します。

 

いやいや、「ダブリンの鐘つきカビ人間」の稽古。

やっぱり面白いです。

恥ずかしながら私、長いこと芝居をやっているにも関わらずこの有名な作品を、やれるとなるまで観たことがなかったんです。

で、二年前にDVDをお借りして観させていただいたんですが、本当に面白かった。

そうそうたるメンバーがこれまた楽しそうに演じてらっしゃって。

札幌ダブリンがどのような形になるのか今から楽しみです。

 

ひとつ。

昨日、ヒロイン役の田中温子さんの降板が発表されました。

体調不良のため、非常に残念なのですがこればかりは仕方のないことだと思っております。

ただ、今回札幌でこの「ダブリンの鐘つきカビ人間」が上演できるのは温子ちゃんなくしては不可能でした。

温子ちゃんが大王こと後藤ひろひとさんに上演許可をもらい、上演の計画を立ててクラアク芸術堂の小佐部君とともにキャスティングを行い・・・

とにかく一番楽しみにしていたのは温子ちゃんだと思います。

今作のヒロインおさえ。

その役をやるのが自分の夢だと昔から聞いておりました。

本当に悔しい思いをしていると思います。

大王がおっしゃってました。

「温子が元気になったらいつか必ずまたやろう」

その言葉を信じて、まずは僕らが素敵な舞台を創ること。

それ以外ないですね。

観に来ていただける皆様にも、また観たい!と思っていただけるよう、精進いたします!

 

今一番怖いのはやっぱりコロナ。

みんな並々ならぬ覚悟で挑んでいる今、水を差されたくないです。

感染対策もかなりしっかりやってはおりますが、今はどこからどう感染するかわからないような状態ですからね。

でもまあ、怖い怖い言っていても仕方ありませんので、できることを精一杯やっていくのみ!と思っております!

 

最後に宣伝になりますが。

ファンが多いこちらの作品、楽しんでいただきたい!!

どうかご都合をつけて観に来ていただけると嬉しいです!

何卒よろしくお願いいたします!!!

 

能登個人の予約ページです↓

チケット予約ページ

 

詳しい情報はこちらをご覧ください↓

ダブリンの鐘つきカビ人間 | クラアク芸術堂